手作りの挙式「心が込められたおもてなしのアイテムあれこれ」

お付き合いしていた彼と結婚します。彼は親御さんの代から地元で手作り和菓子のお店をやっている菓子職人です。お菓子屋さんのおかみさんになります。現在、いろいろなことを準備中なのですが、式のキーワードはずばり手作りのおもてなしです。

そうしたことから、ガーデンパーティースタイルで手作りの式を挙げることにしました。そんな感じの結婚式にするためにはどんなアイテムがあれば、手作り感を演出することができるのか、おもてなしの気持ちを伝えることができるか、二人で相談してみたところ、ざっと次のようなものになりました。

まず、招待状です。ゲストの方が思わずとっておきたいと感じるものを目指しました。ペーパーアイテムは素材もかわいいものがたくさん売っていたり、オーダーメイドすることができるので、お好みのものが探せたり、つくれたりできます。その他のペーパーアイテム、ウェルカムカード、席次表、席札、メニューなども同様です。

式、当日にゲストを最初に出迎えるアイテムのウェルカムボードは特に力を入れたいです。特別なメッセージも一緒に付け加えたいと思っています。二人のお気持ちをストレートに伝えたいです。お出迎えの気持ち、感謝の気持ちをお伝えしたいです。

感謝の気持ちは当日に来場していただいたことだけではなく、今まで私たちを支えていただいたこともお伝えしたいものです。そんな気持ちが伝わるようなメッセージを是非、添えたいと思っています。いいものができたら、そのままお店のウェルカムボードとして使っちゃおうかな…なんて考えもあるのです。

感謝の気持ちとともにもう一つ表したいのが季節感なのです。式が六月なので(実は六月の花嫁にとっても憧れていまして…)ウェルカムボードにカラフルな傘の小物をつけたりしようかな…なんて考えています…当日は晴れてほしいのですが…

また、その他に手作り感を演出することができるようなアイテムとしては、ウエディングスタイルの二人のフィギアや装花、ブーケ(ブーケプルズだったらチャームをつけるのが流行って来ていますよね…)、などなどいろんなアイテムがあります。心がこめられたアイテムはきっとおもてなしの心が伝わると思います。

これらのアイテム、まだ準備中ですが心をこめてつくります。彼、もともと職人さんなので、夢中になってつくっていたりするのです。最後になりますが、私たちの場合、プチギフトはもちろんお菓子です。彼の手作りの…和菓子屋さんのおかみさん業、頑張るぞ。